「学び」を通して豊かになるためのブログ&韓国情報サイトへようこそ。

【日韓子育て】韓国ママ友のリアル!苦労しないために知ってほしいこと

韓国のママ友関係ってどんな感じ?日本のママたちと同じかな…?

今回は、小学生2人の母親をしている私が、現地であった韓国人ママ友との付き合い方についてふまえてお話しします。

日韓カップルで子育てを韓国で考えている女性や、すでに韓国で子育てをしながらママ友関係に「モヤモヤ感」を感じている人がいたら、励ましになればと思います。

※あくまで私の主観です。一つの意見として読んでくださいね!

スポンサーリンク

1.韓国ママは教育熱心な人が多い

韓国人ママについて、ほぼ断言できることは教育に熱心な人が多いことです。

韓国は、典型的な競争社会なので、小さい時から子供の将来を真剣に考えている人が多いように思います。

① 幼児教育は普通、英語幼稚園、英才教育熱

韓国では、幼児教育が当たり前。

たとえば英語なら、英会話の幼児クラスや、ネイティブの先生を採用した英語幼稚園にいかせる親も多いです。

母親たちの中では、子供の英語力は基本。

小さいうちから発音がどうのとか、留学がどうのとか、こんな塾があるとか、話題がつきません。

自分の子供の教育について強い考えや方針を持っている人が多いです。

② 小1から放課後の家庭教師 & 塾通い

韓国では、小学校入学前にハングルの読み書きと、算数の計算問題ができるようにしておくことが基本です。

そして、入学後は、放課後の塾通いがはじまります。

低学年の頃はピアノやテコンドー教室などが多いのですが、あがるにつれて英語、国語、数学へと塾の数が増えていく傾向が。

愉快
ただし、韓国の学校は、下校時間が早く放課後が長すぎるので、家でダラダラしてほしくないという親側の事情もあります。これは結構同感ですw。

③ 母親同士で名前を知らないことがある

子供が小さい韓国人ママたちは、よく集まってお茶をしたり、子供同士を遊ばせたりしています。

ただ、お互いを「○○ママ」という呼び名で言い合うため、子供の名前を知っていても、母親同士の名前を聞きもしないし覚えることもないということがよくあります。

私のような外国人は、名前を覚えるのが大変なので、実は便利だったりします(爆)。

もちろん、個人的に仲良くなれば覚えますがw。

2.韓国ママ友グループで注意すること

私は、今までたくさんの韓国ママさんたちに会ってきましたが、合う人と合わない人がいました。

気の合う人はどこまでも話していて楽しい反面、合わない人との時間はわずわらしかったことを覚えています。

ママ友グループで注意することをお話しします。

① たまに遭遇するママ友の上下関係

儒教文化が根づいた韓国では、相手の年齢を重要視します。

ところが、ママ友がグループ化すると年齢が関係性を作るという現象が稀におきます。

年上のお母さんは年下の若いお母さんに優しくしたり、面倒を見てくれたりする人もいます。

でも、中には年下ママを使おうとする年上ママも。

友達の例ですが、本人が望んでいたわけでもないのに、毎回集まりの店の予約や会計係にされていたそうです。

このようなことに遭遇したら、迷わず真っ先に離れましょう。

子供はいずれ自分で好きな友達を選びます。

無理してグループに入ることはありません。

② 子供の「したい」を最優先するママ友

韓国のお母さんたちは子育てに一生懸命な人が多いです。

子供の望みを聞いてあげたいのはどの親も同じですが、中には子供の望みならほとんどかなえてしまうお母さんも。

韓国ママたちは、子供の「したい」を優先する人が多いように思います。

私の経験談ですが、夜の11時くらいまで一緒に遊ばせようとするママもいました。

「ご飯前だから家に帰る」、「遅いからもう寝る」、という自分の中の当たり前が相手に通じない相手は合わせるのが大変でした。

③ 噂好きのママ友はブロックリストに

韓国人ママに限らずですが、いつも人のことを言っているお母さんとは、あまり関わらない方がよいと思います。

理由は、噂好きはいつも誰かのことを他の人にしゃべっていることが多いから。

心を開いて何かを話したら、その話が他のママ友に拡散決定。

「面倒だな」と思ったなら、このようなママ友は(心の中で)ブロックリストにいれましょう。

3.ママ友関係をうまく過ごすコツ

ママ友関係をうまく過ごすコツをまとめてみました。

① 自分の子の自慢話をしない

ママ友グループの中では、基本的に自分の子の自慢話はしません。

あえて子供を自慢しようとすることはないと思いますが、相手が自慢と受け取ることがあるため、言葉に気をつけましょう。

韓国人と日本人の子どもたちを比較すると、(主観ですが)日本の子たちのほうが落ち着いていてしつけがされていることが多いです。

自由奔放、我の強い韓国人の子のママがあなたの子の話を聞いたら、全部自慢に聞こえるのではないでしょうか。

② 信頼できるママ友1~2人だけと付き合う

子供を通して作る人間関係は、信頼できるママ友1~2人がいれば十分だと思っています。

もちろん、社交的でたくさんの人と付き合うことが苦ではないなら別の話ですが。

実際話してみると、面白い人や価値観の合う人が結構います

無理して大勢と付き合う必要はありません。

価値観のあう韓国ママとならお互いにリラックスした関係が築けます(断言)

気の合う人は、国籍に関係なくあなたの心を理解してくれます

そして、そんな人は一緒にいて楽しいものです。

③ 自信をもって子供を見守る

もしストレスになったら、子供のために韓国ママと仲良く付き合おうとすることは、やめておきましょう。

ママ友との付き合いが楽しいなら構いません。

でも無理はしない方がいいです。

特に初めての子の場合、右も左もわからないうえに海外にいることで不安は多いでしょう。

しかし、信じてお子さんを見守ってあげることが最も大事だと思います。

4.まとめ

今回は、韓国ママ友との付き合い方について考えてみました。

否定的な印象を持たれたかもしれませんが、素敵な韓国人ママさんがいることも事実

私の場合、子育てしながら困ったときに助けてくれたママ友はみんな韓国人です。

結論、子供は大人以上に適応力があるので、ママが無理に頑張って周囲に合わせる必要はないと思います。

日韓カップルの子は2つの文化を受け継いでいるため、そもそも韓国オンリーの子とは違うと思っていいでしょう。

教育も子育てもこれと言った正解はありません。

隣のアジュンマが何と言おうと、翻弄されずに「あなた式」をまもってみてください。

関連記事

韓国語学習者や韓国ドラマが好きな人なら、1度は耳にしたことがある言葉「アジュンマ」(아줌마)。アジュンマという言葉には、どんな印象をもっていますか? 今日は「アジュンマ」という言葉の使い方や文化について解説します。韓国語学習中の人や韓[…]

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク