「学び」を通して豊かになるためのブログ&韓国情報サイトへようこそ。

誕生日に食べる!韓国 わかめスープ(미역국)の作りかた

韓国では誕生日にわかめスープを食べる習慣があります。

韓国ドラマなどでよく見かけるのではないでしょうか?

「スープを食べる」と表現するのは、「飲む」よりもむしゃむしゃ食べる感覚に近いから。

ご飯を入れてクッパにしても、子ども用メニューにも最適。

そこで、わざわざお店に行かなくても家で簡単に作れるわかめスープレシピを紹介します。

ゆかい
韓国語では、飲むという意味の「마시다」の代わりに「먹다」(食べる)を使うことが多いです。
例えば”커피를 먹다“(コーヒーを食べる)も普通。
スポンサーリンク

韓国のわかめスープについて解説

まずは韓国のわかめスープについて解説します。

誕生日になぜわかめスープ?

なぜ誕生日にわかめスープを食べるのでしょうか?

わかめスープは、産後の女性が食べる定番の滋養食。子供が生まれたらひたすら毎日食べる習慣があります。

出産という命がけの大仕事をした体に栄養を補給し、体調を整えると信じられているため。

その流れで、毎年誕生日になると子供の成長と健康だけでなく、母親への感謝の気持ちをこめて食べるようになったのだとか。

昔は、栄養状態が悪く出産後体を壊す女性が結構いたため、わかめスープが貴重でした。

確かにわかめは、ビタミンやミネラルが豊富で体にいいですよね!

わかめスープの種類

わかめスープの種類は大きく2つ。牛肉入りか海鮮系に分かれます。

牛肉が入ったスープは、肉汁が深い味わいが魅力。

海鮮系は、カレイやスケトウダラ、アサリやアワビなどがあります。地域性もあるのですが、例えば済州島ではウニやアワビ入りのわかめスープがおいしいです!

家庭で作る場合、牛肉のほかにツナ缶を入れたり鶏を入れたりする場合もあります。

ゆかい

やっぱりスタンダードは牛肉入りスープ!

韓国わかめの種類

韓国で市販のわかめは、生タイプと乾燥タイプ、塩で保存性を高めた塩蔵わかめなどがあります。

わかめには、ビタミンやミネラル、カルシウムが豊富。また、スープに入れるわかめは、肉厚で歯ごたえがあるものばかり

ぐつぐつと煮込むので、分厚いほうがわかめのうま味がでます。

お店では産後ママさん用の高級わかめが売られていますが、やはり肉厚なものが多いですね!

韓国風わかめスープの作り方

それでは、わかめスープの作り方を紹介します!

今回は、干したらを入れたわかめスープレシピにしました。

ゆかい
牛肉入りに比べると、さっぱりとしているので肉の脂が苦手な人でもパクパク食べられますよ。

材料(4人分)

【わかめスープの材料】

材料
乾燥わかめ 30g ※肉厚なタイプがおすすめ
干したら 15g ※牛肉を入れるときは100gくらい
【だし汁用】煮干し 10g ※ダシダで代用OK
グックカンジャン ※韓国の汁もの用醤油です。 大さじ2くらい
アミの塩辛 若干 ※あれば
ごま油 大さじ2
おろしたニンニク 2かけ ※なくても大丈夫
刻みねぎ ネギ4~5㎝分

韓国食材店で買えますが、韓国調味料はこちら↓

ワカメスープの作りかた

1. 乾燥わかめと干したらを水に戻す。

2. 鍋に水と煮干しを入れてダシ汁を多めに作る(1ℓ~)。(※写真は煮干しだし用パックを使っています)

3. 1は水をきって食べやすい大きさに切る。たらも細かい骨を除去して切る。

4. 熱した鍋にごま油を入れてニンニク投入。たらとわかめを入れて炒める。

5. グックカンジャンを入れて炒め、2のだし汁を入れる。

6. 15~20分間しっかり煮込む。


7. 味をみながらアミの塩辛やグックカンジャンで味をととのえる。


8. 刻みネギを入れる。

できあがり!

ゆかい
牛肉入りスープにする時は、アクをとりながら煮込みましょう。

 

ぬるぬるの栄養満点わかめスープ

後日作った牛肉入りのわかめスープ

簡単に作れて体にいいわかめスープ。韓国食材店へ行けば材料が全部そろいます

家にあるものでも作れますが、調味料はなるべく韓国のものにするのがおすすめです。

最低必須の韓国調味料は グックカンジャン。

本場に近い味わいに作れますよ!

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク