「学び」を通して豊かになるためのブログ&韓国情報サイトへようこそ。

【使用歴1年半】白髪染め「サイオスオレオクリーム」できまり!

私は、昔から白髪が多いです。
しかし、30代前半まで白髪染めをしたことがなく、気にとめてもいませんでした。

そのうちに、年と共に目立つレベルに成長した白髪たち…。

でも、ヘンケル(独)の白髪染め「サイオスオレオクリーム」(Syoss Oleo cream)を使い始めてから、リピートしています。

サイオスオレオクリームは、初心者でもきれいに染まるカラー剤。
今回は、サイオスオレオクリームの商品レビューをお送りします。

✔ 若く見せたいのに白髪が目立ってきた

✔ 毎回美容室で染めるのが面倒だ

✔ 家で簡単に白髪を染めたい

✔ 白髪染めで髪をいためたくない

このような悩みを持っている方は、ぜひ参考にしてください。

サイオスオレオクリームの商品詳細はこちら

スポンサーリンク

初心者でも難しくない白髪染め

acworksさんによる写真ACからの写真

カラーリング剤には、大きく「泡タイプ」と「クリーム/乳液タイプ」があります。

一般的に、泡タイプは手でもむようにして使えて広範囲のカラーリングに最適。

クリームタイプは、クシをいれていくため、染めたい場所にしっかり届いて、白髪の生え際や部分染めに向いています。

使いやすいさでは、泡タイプが圧勝。

しかし、私が愛用するクリームタイプの「サイオスオレオクリーム」は、最初からきちんとそまりました。

初心者でも難しくない白髪染めです。

白髪染め「サイオスオレオクリーム」を選んだ理由

※通販サイトから画像をお借りしています。
引用元:쿠팡

 

数多くのカラーリング剤の中で、私が「サイオスオレオクリーム」を選んだ理由は、韓国のネットで評価が高かったからです。

今の土地に移り住んでから1年半。

以前住んでいた街では、行きつけの美容室がありましたが、引っ越してから気に入ったサロンを見つけることができていません。

染めるだけなら自分でと考えて探した結果、サイオスオレオクリームに出会いました。

韓国ネット通販で売れ筋の白髪染め

※通販サイトより画像をお借りしています。 引用:쿠팡

サイオスオレオクリームは、韓国通販サイトの白髪染めカラーリング剤部門で第2位(2020年9月現在)。

ヘアカラー全体を変えることも可能です。

口コミをみると、髪を目立たなくさせたい中年女性のコメントが目立ち、リピ買いしている人も。

金額も2個セットで約1300円なら、カラーリング剤として高い価格設定ではありません(※ちなみにだいたいいつもセール価格)。

白髪染めに失敗しても痛くない金額でした。

白髪染め「サイオスオレオクリーム」を使ってわかったこと

白髪染めのセット内容

最初は全然期待していませんでした。
値段が安く、それなりのクオリティだと思っていたためです。

使用してわかったことは、「使いやすく染めやすい」ということでした。

刺激も匂いも気にならない

韓国ネット通販の口コミには、刺激が強く匂いもキツイというコメントがありました。
しかし、私個人の感想は、「刺激も匂いもきにならない」です。

私は、どちらかというと乾燥肌で、アレルギーはないタイプ。

美容室でカラーしてもらっていた頃を含めて、今まで一度もアレルギー反応を起こしたことがありません。
もちろん、カラー剤の匂いがきつくて、頭皮がヒリヒリしたことはありました。

そんな平均的な私が不快感なく使えているということは、この商品がきつい白髪染めではない証明になると思います。

もちろん、全員にあてはまることではありませんし、使用前のパッチテストは必須です。

ピュアオイル配合白髪染めでサロン仕上げに

「サイオスオレオクリーム」の最大の特徴は、しっとりとした染め上がりになることです。

「プロのスタイリストによってつくられたサロン品質ブランド」をうたっているだけのことはあります。

ピュアオイル配合で、染めたときにパサつきません。

白髪以外の部分も自然な仕上がりに。
生え際が一番目立つので、たっぷりとつけてクシでなじませていきます。

洗い流した後の出来上がりは、プロの比較にはなりませんが、セルフカラーにしては大満足。

最初は、コツがわからずに白髪が残っている部分もありましたが、今ではほぼカバーできています。

白髪染め「サイオスオレオクリーム」のデメリット

オレオクリームのデメリットを言えば、まず「髪が長い人は、1個ではたりなくなる」ことです。

私の髪は、1年半美容室に行かずに伸ばしているため、肩下くらいまでのロングです。
そのため、全体的にカラーリングするとき、1個では全く足りません。

まんべんなく染めるなら、2個用意しておいたほうが安心でしょう。
もちろん、でてきた白髪部分を染めるだけなら、1本でも大丈夫です。

ショートヘアの人は、1個で白髪から全体のカラーまでできますが、セミロング~ロング、髪の量が多い人は2個いると覚えておきましょう。

デメリット2つ目は、「残った薬剤は保管できないこと」。

「サイオスオレオクリーム」は、2種類の薬剤をプレートに出して混ぜてから染色します。
そのため、一度チューブから出した分は、使い切らなければなりません。

残ったら捨てることになります。
そのため、カラー剤を混ぜる前に、必要量を知っておくといいでしょう。

初心者が「サイオスオレオクリーム」で白髪染めするコツ

「サイオスオレオクリーム」の使い方は、こちらが詳しいです↓

引用:ヘンケルジャパン公式 「使い方ガイド」

私は「サイオスオレオクリーム」を2~3か月ごとに定期的に使っています。
その経験から、初心者がうまく白髪染めするコツについて試行錯誤したことをご紹介します。

白髪染めのカラーは明るめで時間を長く

引用:ヘンケルジャパン公式

私の髪質は、細くも太くもない普通の黒髪。量も平均的です。
もともとナチュラル系のブラウンに染めてもらっていました。

「サイオスオレオクリーム」でセルフカラーリングするときに気を付けたことは、髪の色より少し明るめの色を選び、時間を多めにとること。

美容室で染めていた時も、色がつくのに時間がかかるタイプだったためです。

カラー選択ですが、私の場合「スパークリングブラウン(2-N) 」で落ち着いています。

通販では「ロイヤルブラウン(3-N)」が売れ筋だったため、試しに使ったことがあるのですが、全体が暗いトーンに…。

人から髪が黒くなったと言われるほどでした。

その点、2-Nは、確かに明るい印象なのですが、自然なブラウンに仕上がります。

白髪染めを白髪が目立つ部分に多く丁寧に

動画でも確認できますが、白髪を染める順序は、

① 顔回り→②わけめ→③サイド→④耳のうしろ→⑤後頭部

塗りこむ順番に髪を分けて根元から丁寧に液剤をいれて、クシでなじませます。

白髪が気になる部分は、多めに丁寧にぬりこみます。
私の場合、白髪が一番目立つのは前頭部の生えぎわ。

白髪染めをたくさんつけて入念になじませます。
後頭部までよくなじませたあと、髪をまとめてラップで覆い後は待つだけ。

使用説明書にはありませんが、ラップで巻くと乾燥防止と保温効果があるのだそうです。

途中様子をみながら約40~50分したら、ぬるま湯で洗い流して終了。

説明書には20~30分と書いてありますが、染まりにくい髪は多めに時間をとると色がしっかりついてきます。

染まりたてはデリケートなため、シャンプーの後トリートメントが必須。

サイオスオレオクリームには付属していないため、別途トリートメント剤を用意する必要があります。

まとめ:初心者でも家でサロン品質の白髪染め

「サイオスオレオクリーム」は、白髪をコスパよくカバーしてくれます。

よくみると、ときどき白髪が残っている部分がありますが、値段的にとても満足しています。

初心者でも失敗なく白髪染めするなら、まず、ご自身の髪質について知っておきましょう。
白髪染めに限らずカラーリングは、髪質に左右される部分が大きいためです。

一個人の経験ですが、「サイオスオレオクリーム」について知りたい方へ助けになればと思います。
初めて使う方は、パッチテストをお忘れなく。

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク